Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

倉敷市 顔面神経痛の治療方法

September 7, 2018

【顔面神経痛の症状や原因】
顔面神経痛とは、顔に発生する疼痛発作をさします。
別名三叉神経痛といい、三叉神経走路に沿って顔面に疼痛発作が発生してしまいます。
40代以降に多い症状であり、年齢とともに増加する傾向があります。
女性の発症頻度が多く、男性の2倍もの頻度で発症しています。
三叉神経は顔面全体にありますが、顔面神経痛は顔の一部分に発生してしまうことが大半です。
例えば、顔の片側、目の周辺、上あご、下あごなど、顔の一部分に限って発生します。

顔面神経痛の症状は、特徴的です。
痛みは非常に強いのですが、突発的に急に訪れます。
一瞬走るような痛みが発生し、数秒で治まる場合がほとんどです。
長く続いたとしても、数十秒で治まります。
様々な動作で誘発され、洗顔、池庄、ひげそり、食べたり噛むことでも、誘発される場合があります。
冷たい水を口に含むことで鋭い痛みが発することもあり、痛みのひどさにより歯磨きができない場合もあるほどです。
また、季節によって痛みが変動するのも、大きな特徴といえます。
11月や2月に痛みがひどくなるなどの、変わった発症の仕方をします。

顔面神経痛の原因は、顔の感覚をつかさどっている三叉神経によるものです。
血管による三叉神経毛の圧迫が主な原因であり、約90%を占めています。

顔面神経痛の診察は、痛みや症状などの詳しい聞き取りが主です。
症状の訴えがあいまいな場合は診断がむずかしい場合もあるので、起きている状況を事細かく医者に伝えるようにしないといけません。
場合によってはレントゲンやMRIを撮って、症状と画像診断を合わせた専門的な診断を行う場合もあります。


【顔面神経痛の治療方法】
顔面神経痛は、主に保存療法を行っていきます。
以下のような保存療法で、改善へとみちびきます。

・薬物療法
顔面神経痛の治療のスタートは、薬物療法です。
軽度の場合は、薬のみですっかり良くなる場合もあります。
投薬療法はかなり効果的であり、顔面神経痛の約8割の人が一時的に痛みが消失したという声が挙がっています。
良くなっても再発することがあるので、ある程度の期間薬を飲み続けないといけません。
顔面神経痛の薬は様々なものがあり、使ってみて合わない場合は他の薬に変えて治療を行います。
自分に合った薬に出会うことで、改善へとみちびくことができます。

・神経ブロック療法
神経の痛みの伝導を抑える目的で、神経ブロック治療を行う場合もあります。
すぐに効果が出て、痛みが楽になりますよ。
神経ブロックを行うと、顔の一部がしびれてしまいます。
しびれを軽減させるために、高周波熱凝固の温度を調節して症状をやわらげます。
顔に針を刺し、神経に局部麻酔を行います。
麻酔が効いた状態なので、痛みを感じなくなります。

これらの保存療法で改善しない場合は、手術療法となります。


いかがでしたでしょうか。
辛い顔面神経痛は、改善できる余地があります。
早期治療が大事となるので、少しでも顔の感覚がおかしいなと思ったら、早めに専門医に相談をしましょう。
遅い対応になると、あらゆる弊害が残ってしまうこともあります。
顔は人間の看板みたいなものなので、早めの治療で問題のない状態にしましょう。

 

倉敷市 顔面神経痛の治療方法なら、「絶好調整骨院 倉敷腰痛センター」にお任せください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved