Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

倉敷市 PMS生理不順の改善方法

August 16, 2018

【PMS生理不順が発生してしまう原因】
近年の女性に多く発生しているのが、PMS生理不順です。
PMSと生理不順が一緒に起きてしまう、ちょっと厄介な症状です。

まず、PMSというのは、月経前症候群の略です。
排卵後から生理の直前まで、様々な体調不良や精神的な症状が出てしまいます。
この症状は、生理が来ると終わります。
排卵から生理までは約2週間ありますが、この間ずっとなってしまう人もおり、たった1日のみしかならない人もおり、人により様々です。

そして、生理不順というのは、一定の期間に生理が来ないことをさします。
一般的には一定の周期で来るはずの生理が、その頻度が乱れてしまう状態です。
24日~35日くらいの周期で生理が来るのが一般的ですが、この周期を超えた周期で来てしまうことをさします。
場合によっては2週間でくることもあり、40日や50日後に来る場合もあります。

PMSと生理不順の2つが一気に来てしまう理由は、ホルモンバランスの悪さが最大の原因です。
女性ホルモンの中には2つの種類のホルモンがあり、黄体ホルモンというホルモンのバランスの悪さが影響を与えています。


【PMS生理不順の改善方法】
PMS生理不順になったら、まずは専門医に診てもらいましょう。
病気が隠れている場合があるので、まずは専門的な診察が大事となります。
病気が無い場合は、PMS生理不順を改善させるセルフケアを行うと良いですよ。
誰でも簡単にできるPMS生理不順のセルフケアを、ご紹介します。

・ストレスを溜めない
ホルモンバランスは、ストレスを溜めると簡単に乱れてしまいます。
ストレスの多さが左右しているかのように、大きく影響を与えてしまいます。
ストレスは溜めないようにし、ストレスフリーで気軽に過ごすようにしましょう。
自分のしたいことをして、リラックス効果を高めましょう。

・ホルモンバランスを高める食生活を送る
女性ホルモンは、食べ物で補うことができます。
女性ホルモンと似たような作用を発揮するのが、大豆イソフラボンとキャベツです。
どちらも女性ホルモンと似たような効果を発揮し、女性ホルモンの量を高めることができます。
大豆イソフラボンは大豆製品に多く含まれており、豆腐や納豆、豆乳などの大豆製品なら何でもOKです。
キャベツは、あらゆる食事に加えて摂取しましょう。

・サプリメントで栄養素を補う
ビタミンB群やE群、カルシウムなどは、PMSの改善に役立ちます。
サプリメントは摂取しやすいので、サプリメントで積極的に摂取するようにしてみましょう。

・血糖値の変化を避ける
血糖値を急激に変化させてしまうと、PMSの症状の悪化につなげてしまいます。
空腹時に甘いものを摂取すると血糖値が上がってしまうので、絶対に避けるようにしましょう。
どうして間食をしたい場合は、ナッツなどの糖分が無い物を食べましょう。

いかがでしたでしょうか。
PMS生理不順は、なってしまうと物凄くショックで凹んでしまいますよね。
生活習慣を変えることで、正常に戻ることも可能と言えます。
日頃の生活習慣を改め、PMS生理不順が起きない体質にしましょう。

 

倉敷市 PMS生理不順の改善方法なら、「絶好調整骨院 倉敷腰痛センター」にお任せください。


 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved