Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

倉敷市 腰痛

February 22, 2018

【腰痛の原因】
腰痛の原因は、腰椎周りの異常が大きく影響しています。

腰椎というのは仙骨(骨盤)の上に乗っており、積み重ねられたそれぞれの骨の間に軟骨性の椎間板を挟んでいます。
椎間板で骨と骨の間に軟骨性のクッションがあることで、脊柱を曲げ伸ばしても衝撃を吸収することができ、痛みを発生させずに済みます。
しかし、椎間板というのは、年齢と共に老化してしまいます。
25歳を過ぎたころから、椎間板の中心にある髄液の水分が減っていきます。
35歳以降になると、髄液を取り巻く繊維輪という軟骨の水分もどんどん現象してし、弾力性が無くなってしまいます。
これらにより椎間板のクッション効果が衰えてしまい、腰椎への衝撃を緩和させることができなくなることで、腰痛が発生してしまいます。
年齢を増すと腰痛が出やすくなってしまうのは、老化によりこれらの現象が発生してしまうからです。

また、年齢を増すことにより筋肉が老化することで、腰回りの負担を支えきれなくなることも、1つの原因といえます。
さらに、脊柱の中の脊髄から出ている末梢神経の異常によって、痛みが出てしまう原因となってしまうこともあります。

腰痛にはこれらの複数の原因があるため、腰痛になってしまう人が多いといえます。


【腰痛の改善や予防方法】
腰痛は、改善方法や予防方法を行うことで、腰痛を緩和したりなりにくい状態にすることができます。
以下のポイントで、腰痛の改善や予防へとつなげてみましょう。

・姿勢の悪さを改善する
姿勢が悪いと、腰の筋肉に大きな負担をかけてしまいます。
姿勢を良くするようにし、腰への負担を少しでも減らすようにしましょう。
アゴを引いて胸を出して背筋を伸ばすようにし、座っている時も姿勢を良くすることを心がけましょう。
特に近年は、スマホやタブレット、パソコン作業で腰に負担をかけてしまうことがあるので、姿勢を良くして使うようにすると良いですよ。

・過度の運動や動作は止める
激しい運動や重い物を持ち上げるなどの過度な動作は、腰の筋肉酷使となってしまい痛みを発してしまうことがあります。
ある程度動く事は大事ですが、急激な動作は避けるようにしましょう。
重たいものを持つ時は、腰を下ろして腰に直接負担をかけないようにしましょう。

・筋力の衰えを改善する
腰痛になりやすい人のほとんどが、運動不足の人です。
先程も記載した通り、過度に動き過ぎると腰に大きな負担をかけてしまうので、軽い筋力アップなどを取り入れるようにしましょう。

・骨の老化を改善する
腰痛になってしまう人は、骨が弱い人が大半です。
カルシウムなどの骨を強化出来る成分を摂取し、骨を丈夫にしましょう。

・身長に合った体重にする
身長に似合っていない重い体重は、腰に大きな負担をかけてしまいます。
自分の身長に似合った体重にして、腰に余計な負担をかけないようにしましょう。

いかがでしたか。
たかが腰痛と思うかもしれませんが、腰痛というのは悪化してしまうと大変なことになってしまうこともあります。
腰痛を予防したり改善させることで、腰痛を悪化させないようにしましょう。


倉敷市 腰痛なら「絶好調整骨院 倉敷腰痛センター」にお任せください

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved