Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

倉敷市 逆流性食道炎の治療

August 10, 2018

【逆流性食道炎の症状と原因】
胸やけやすっぱい液体があがってくる、こんな場合は逆流性食道炎の可能性が考えられます。
逆流性食道炎は、胃液が何らかの影響により逆流してしまい、食道に炎症が来てしまう尚樹です。
胃液というのは通常胃の中にとどまっているものなのですが、何らかの影響により食道に逆流してしまう場合があります。
胃液というのは食べ物をしっかり溶かすほどの強力な威力を持っており、食堂に逆流してしまうことで食動が炎症を起こしてしまいます。
食道に発生した炎症により、粘膜がただれてしまったり潰瘍ができてしまうことがあります。
それにより、胸やけや痛み、不快感が発生してしまうのです。

逆流性食道炎は、近年よく耳にするようになった症状です。
以前は少なかったのですが、近年増えてきた理由は食生活の変化と言われています。

逆流性食道炎になってしまう原因は、以下が挙げられます。

・食べ直ぎ
食べ過ぎによって下部食道括約筋がゆるんでしまい、胃液が逆流してしまいます。

・脂肪の多い食事が多い
脂肪の多い食事を摂取し過ぎてしまうと胃酸が増えすぎてしまい、胃酸が食堂へ逆流してしまうことがあります。

・たんぱく質の多い食事が多い
たんぱく質は消化に時間がかかってしまい、胃に長くとどまってしまいます。
そのため、胃液の逆流が起こりやすくなってしまいます。

・加齢
年齢を増してしまうと、下部食道括約筋の働きが悪くなってしまい、食堂のぜん動運動、唾液の量も少なくなることで、逆流してしまった胃液を胃に戻すことができなくなってしまいます。

・背中が曲がっている人
背中が曲がっていると、お腹が圧迫されてしまいます。
胃の中の圧力が高くなってしまい、胃液の逆流が起こりやすくなってしまいます。

・肥満
肥満の人は、食堂裂孔ヘルニアになりやすく、腹圧が上がるので胃液が逆流しやすくなってしまいます。


【逆流性食道炎は治療は必要なのか】
逆流性食道炎といえば、胸やけなどの不快感ですよね。
しかし、その程度であればよくあることと捉え、治療は必要ないと思う人もいるようです。
逆流性食道炎を放置しておくと他の病気につながることもあり、発症している病気にも気づかない場合もあります。
逆流性食道炎を放置していると、パレット食道や食道がんになってしまうこともあるので、きちんと治療しなければいけません。

逆流性食道炎というのは効果的な薬があるので、薬物療法で症状を緩和すべきです。
ほとんどの場合、薬物療法だけで逆流性食道炎の状態を改善させることができます。
意外と楽に改善できるので、放置せず改善へとみちびくようにしましょう。


いかがでしたでしょうか。
逆流性食道炎は最近はよくある症状と認識されるようになりましたが、放置しては絶対にいけません。
専門医に相談をして、お薬で改善しましょう。
早い人では、3日程度で症状が良くなったなんていう人もいます。
辛かった逆流性食道炎がすぐに改善する場合もあるので、早く治療をして楽になりましょう。

 

倉敷市 逆流性食道炎の治療なら、「絶好調整骨院 倉敷腰痛センター」にお任せください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved