倉敷市 肋間神経痛の痛み

【肋間神経痛の症状】 伸びたりくしゃみをした時、胸のあたりに痛みを感じたことありませんか。 胸のあたりが痛くると、心臓や肺の病気かなと心配になってしまいますよね。 その胸の痛みは、肋間神経痛かもしれませんよ。

背中から胸のあたりの肋骨に沿って走っている神経があり、その神経に痛みが発生してしまう症状を肋間神経痛といいます。 胸に突き刺すようなチクチクとした強い痛みが発生してしまうこともあり、不安に思った人も多いと思います。 しかも、肋間神経痛というのは、検査をしても何の異常も見られないこともあります。 「心臓の近くがあんなに痛いのに異常がないなんて…」と、不安に思う人も少なくありません。 神経が触れているだけですので、重篤な病気ではありません。

肋間神経痛の症状は、前触れもなくいきなりやってきます。 胸や肋骨の当たりの左右のどちらかに、強い痛みが出るというのが大半です。 痛みが発生するのは数分間のみで、その後治まります。 比較的短期間に出る症状ですが、針を刺したような鋭い痛みが発生してしまいます。 以下のような時に、肋間神経痛が発生する傾向があります。

・息を吸った時 ・くしゃみをした時 ・胸を広げた時 ・体をねじった時

人によっては、胸ではなく背中や肺、脇腹に痛みが出る場合もあります。

肋間神経痛と勘違いされやすいのが、乳がんです。 似たような部分に痛みが発生するので、勘違いしてしまう人が多い傾向があります。 肋間神経痛というのは神経性の症状なので、副交感神経が静まっている時には痛みが緩和します。 痛みがいつも続かない場合は、肋間神経痛ということになります。 一方乳がんの場合は、痛みは持続します。 あらゆる肋間神経痛のケアをしても痛みや症状が変わらない場合は、専門医に相談をするようにしましょう。

【肋間神経痛の予防方法】 肋間神経痛は神経が触れているだけで現れている症状であり、神経痛です。 日常生活の様々なことの改善により、予防が可能となります。 肋間神経痛の予防方法を、いかにピックアップしてみました。

・生活にゆとりを持つ 生活にゆとりがないと精神的緊張が高まってしまい、筋肉に負担をかけてしまうことで肋間神経痛の症状を引きおこしてしまうことがあります。 気持ちにゆとりのある生活を心がけ、おおらかな生活をするようにしましょう。 几帳面さや神経質さはなくし、細かいことは多めに見るようにしましょう。

・筋肉をほぐす 現代は、筋肉が硬直している人が多い傾向があります。 一定の姿勢のまま長時間過ごす人が多く、筋肉が緊張してしまうのです。 筋肉の緊張が肋間神経痛を引き起こしてしまうので、筋肉をほぐすようにしましょう。 ストレッチを行ったり、長時間の作業の場合は1時間に1度休憩を取って体を動かすようにしましょう。

・体を温める 体が冷えてしまうと筋肉が縮んでしまい、神経痛が発生しやすい体質となってしまいます。 血流を良くして筋肉をやわらげることで、肋間神経痛になりにくい体質になることができます。 暖かい格好を心掛け、湯船に浸かったり温かい食べ物を口にするようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。 肋間神経痛は、よくある痛みです。 なってしまう部分が嫌な部分なので、重病ではないかと心配になってしまうものです。 心配でどうしようもない場合は、まずは専門医に診てもらうようにしましょう。

倉敷市 肋間神経痛の痛みなら、「絶好調整骨院 倉敷腰痛センター」にお任せください。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved