Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

倉敷市 パニック障害の症状

June 30, 2018

【 パニック障害の症状】
パニック障害とは、思いがけず突然発してしまう動機や息切れ、強い不安と伴うパニック発作が継続してしまう障害です。
パニック発作は、パニック障害の中心となる症状の1つです。
前触れもなく突然、激しい不安や動悸、息切れなどの体の症状が発生してしまい、その症状が繰り返し発生してしまうのが、パニック障害です。
人によっては「このまま死んでしまうのではないか」と、思ってしまうこともあるようです。
もちろん、パニック発作で死んでしまうことはありません。
かなりの激しい症状が起きてしまいますが、ほとんどの場合10分程度で発作の症状は治まります。
以下のような症状が幾度と出た場合は、パニック障害の可能性があります。

・心臓がドキドキする
・息切れを起こす
・息苦しくなる
・喉に何か詰まっていような窒息感を感じる
・喉が苦しくなる
・胸の痛み
・大きな不安感
・吐き気
・お腹の不快感
・大量の汗
・ふらつき
・体ボ一部がピリピリジリジリしびれるような感じがする
・体の震え
・寒気
・熱っぽさ
・めまい
・ふらつき
・気が遠くなる
・自分が自分じゃない感じがする
・現実を把握できない
・気が狂いそうになる
・コントロールを失ってしまう
・死ぬのではないかと恐ろしくなってしまう

また、パニック発作というのは、以下のような生活シーンで起きる場合が大半です。

・電車に乗っている時
・大勢の人ごみに入る時
・横で不快な音がなった時
・ほっとしている時
・会社の会議中
・運転している時
・以前パニック発作が起きた場所
・以前パニック症状が起きたシチュエーション(TVの音や臭いなど)

パニック発作だけで治まる人も多く、パニック障害に発展しない人も中にはいます。
なぜパニック発作からパニック障害になってしまうのか、その理由は予期不安が抜け切れていないことです。
パニック発作を繰り返していると、また発作が起きるのではないかと思う予期不安が頭をよぎるようになってしまいます。
良き不安があるうちは、パニック障害の改善とはなりません。


【パニック障害が改善しない場合の対処方法】
パニック発作であれば改善の余地もないとはいえませんが、パニック障害となってしまったら病院へ受診することが1番の解決策といえます。
パニック障害が起きてしまう人は、脳の働きが一時的に乱れてしまっていると言われています。
脳の働きが乱れてしまったら、自力で治すことは相当難しいといえます。
そのため、医学的な治療が必要となります。
きちんと治療をすることで、パニックボッサに対する不安から抜け出すことができ、日常生活を以前のように送ることができるようになります。

パニック障害の診察は、心療内科や精神科で受けます。
病院にかかるときは、誰かに付き添ってもらいましょう。
1人で行くべきではない理由は、パニック障害の状態をきちんと専門医に伝えることは当人には難しい場合があるからです。
そのため、付き添いの人が状況をきちんと把握して、専門医に伝えるようにすることが大事となります。
また、家族がパニック障害の治療に関して正しく理解しておくことで、スムーズに治療を進めることができるので、とても大事なことといえます。

いかがでしたでしょうか。
パニック発作になっても、あまり重要に捉えないようにするとパニック障害まで発展させずに済むこともあります。
予期不安はパニック障害にとって厄介なので、なるべく考えないようにして脱出するようにしましょう。
必ず治る症状なので、前向きに考えるようにしましょう。

 

倉敷市 パニック障害の症状なら、「絶好調整骨院 倉敷腰痛センター」にお任せください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved