Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

倉敷市 変形性膝関節症の症状

May 11, 2018

【変形性膝関節症の症状】
変形性膝関節症は、膝関節の軟骨がすり減って筋力も低下してしまうことで、膝の関節に炎症が起きたり変形して痛みを発生させてしまう症状です。
年齢を増して膝が痛くなるなんてことを聞くことがありますが、それは変形性膝関節症の可能性が考えられます。
女性に多く、50歳以降になると特に多くなる傾向があります。

変形性膝関節症というには、症状の現れ方は人により様々です。
一般的には、以下のような症状が発生していきます。

・初期の状態
初期段階では、膝に違和感を覚えます。
特に多いのが、朝起きて歩き始めた際に膝の違和感を思うことです。
ずっと寝ていていきなり膝を動かすことで、痛みが出てしまうようです。

・中期の状態
初期症状が過ぎりと、徐々に進行していき症状が徐々に悪くなっていきます。
朝だけではなく頻繁に痛みが出るようになって、膝が完全にまがりきらなくなったり、伸びきらなくなっていきます。
炎症の状態もひどくなり、膝に水がたまったり熱感に思えるような苦痛が発生していきます。
しまいには膝の変形も発生し、膝にコリコリやカリカリなどの音が出るような感じを受ける場合もあります。

・末期の状態
末期となると、更なる痛みの強さが常に置きます。
日常生活に支障をきたすほどの強い痛みが発生してしまい、動くことが思うようにできなくなってしまいます。
日常生活の中で動くことが思い通りにならなく、家事や仕事、お買い物、旅行など、できて当たり前のことができなくなってしまいます。
膝の骨の変形も進み、外見的にも関節の変形が目立っていきます。


【変形性膝関節症の治療】
変形性膝関節症の関節のすり減りは、元の形に修復することはできません。
変形性膝関節症の治療は、膝が完全に曲がりきらない状態や伸びきらない状態を改善へとみちびき、症状の進行を抑えることが目的となります。
治らないのかとガッカリしてしまうかもしれませんが、上手く緩和させて膝を動かしやすくするだけでも、日常生活はかなり楽になります。
以下の治療方法で、変形性膝関節症の状態を緩和させていきます。

・薬物療法
炎症を抑えて痛みをやわらげる目的で行い、外用薬や内服薬などで治療を行っていきます。
膝の関節機能を高めるために行い、痛みをやわらげます。


・注射療法
悪くなりすぎた膝関節の機能や痛みの緩和のためには、注射療法で改善させる場合もあります。
ヒアルロン酸注射を使い場合が大半であり、膝関節内にヒアルロン酸を注射することで、関節軟骨のすり減りを抑えて症状の緩和を期待することができます。
痛みがひどい場合は、ステロイド注射を行う場合もあります。

・温熱療法
関節炎の痛みをやわらげるためには、患部を温めるということはとても効果的です。
お風呂に入って患部を温めたり、温湿布や貼るカイロで患部を温めましょう。
ただし、状態によっては温めたら行けない場合もあるので、必ず専門医に相談をしてから行うようにしましょう。

・運動療法
運動をすることで血行が良くなり、筋肉を緩和させて膝関節への負担を軽くさせることができます。
急に大きな動きはせず、軽い運動から始めて柔軟にしましょう。

・手術療法
保存療法を行っても改善が見られない場合は、手術を行う場合もあります。
回復まで長くかかることもあるので、専門医とよく相談をして決断しましょう。


いかがでしたでしょうか。
発症したての時は、痛みが出てもすぐに治まることがあるので、病院に行く人は少ない傾向があります。
確かに1度膝に症状が出てしまうと、以前の若い頃のようにアクティブに使うことはできなくなってしまいます。
しかし、適切な治療を受けることで、進行を遅らせることは可能です。
膝は日常生活でたくさん使う部位なので、使いにくいと日常生活に影響が出てしまいます。
年齢だから仕方ないとあきらめず、適切な治療を受けて楽になりましょう。

 

倉敷市 変形性膝関節症の症状なら、「絶好調整骨院 倉敷腰痛センター」にお任せください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved