Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

倉敷市 脊柱管狭窄症

April 27, 2018

【脊柱管狭窄症の症状と原因】
現在日本では腰痛に悩まされている人が多く、中でもシニアを中心に患者さんの数が多くなっているのが「脊柱管狭窄症」です。

脊柱管狭窄症は、加齢に伴う背骨の老化により、腰椎が狭くなってしまうことで内部を通る神経を圧迫してしまい、腰や下肢に痛みやしびれを発してしまう症状です。
高齢になるほど発症率が高く、50歳以上の腰痛の最大の原因と言われています。
早い人では、40代後半で発症することもあります。

脊柱管狭窄症は、筋肉や骨、関節などの運動機能が障害されてしまい、立ったり歩いたりする機能が低下してしまいます。
日常生活に不自由が発生してしまい、最悪の場合は介護が必要となってしまう場合もあります。

以下のような症状がある場合は、脊柱管狭窄症の可能性が考えられます。

・太ももからふくらはぎ、すねにかけて痛みやしびれがある
・しばらく歩くとしびれや痛みが強くなり、休むと楽になっていく
・しばらく立って居るだけで、しびれたり痛みが発生する
・前かがみになると、痛みやしびれが楽になる
・便秘
・残尿感
・尿漏れ
・股間のほてり感

これらの症状が当てはまるのが多い場合、脊柱管狭窄症の可能性が高くなります。
脊柱管狭窄症で必ず発生する痛みは、脚のしびれや痛みです。
太ももからすねにかけて、発生します。
腰痛は、必ず発生するわけではありません。


【脊柱管狭窄症の治療方法と予防方法】
脊柱管狭窄症の一般的な治療方法は、以下が挙げられます。

・薬物療法
消炎鎮痛薬や血管拡張薬などの服用によって、症状をやわらげていく治療方法です。

・注射療法
歩けないほど痛みがひどい場合は、神経ブロック注射により痛みをやわらげます。
障害が発生している神経のそばに、局所麻酔薬を注射して神経ブロックを行います。
強い痛みでも、神経ブロック注射でかなり楽になっていきます。

・手術療法
脊柱管を通る神経の圧迫が長時間続くと、将来寝たきりになってしまうこともあります。
薬物療法による治療で良くならない場合は、手術を行う場合があります。
神経を圧迫している部分の骨を取り除く、除圧術を行う場合が大半です。
手術にかかる時間は1~2時間ほどで、1~2週間ほどで退院ができます。
局所麻酔の手術の場合は、日帰りも可能な場合もあります。
手術後2週間ほどでデスクワークは可能ですが、重労働の場合は約3カ月復帰までかかる場合もあります。

また、脊柱管狭窄症は日常生活での予防も可能です。
運動不足や姿勢の悪さを改善することで、脊柱管狭窄症を予防することができます。
適度な運動を心掛けて、よい姿勢で過ごすよう心がけましょう。
長時間立ったままの作業は避けるようにし、定期的に休むことも考えましょう。

いかがでしたでしょうか。
脊柱管狭窄症は、放置しておいても自然に治る症状ではありません。
1度なると、狭窄の状態が少しずつ悪化してしまいます。
おかしいなとおもったら、我慢せずに専門に相談をするようにしましょう。

 

倉敷市 脊柱管狭窄症なら、「絶好調整骨院 倉敷腰痛センター」にお任せください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved