Please reload

最新記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

特集記事

倉敷市 急性腰痛症

March 22, 2018

【ぎっくり腰の原因や症状】
特別なことをしていなくても、急に訪れてしまうぎっくり腰。
急になってしまうので、ビックリして戸惑ってしまった人も多いのではないでしょうか。
何の前触れもなく発生するので、どうしていいのかわからなくなってしまいますよね。

ぎっくり腰というのは、急性腰痛症といいます。
突然想像もしない激痛がやってくる、恐ろしい症状です。
重度のぎっくり腰の場合は、耐えられないほどの激痛が走ってしまい、立つことができなく寝返りも打つ事ができないほどの。辛さです。

ぎっくり腰の原因というのは、人によります。
以下のような原因により、ぎっくり腰は起きてしまうようです。

・骨のゆがみ
・腰の筋肉のぜい弱化
・過度なスポーツの筋肉負担
・余計な腰の曲げ方としてしまった

このように、原因は人により多岐にわたります。
いずれにしても、腰に異常なストレスがかかってしまうことで、ぎっくり腰になってしまうようです。
ぎっくり腰というのは腰の筋肉が強化されていてもなってしまうこともり、若い人で運動を十分に行っている人でもなってしまうこともあります。

ぎっくり腰の改善期間は、個人差があります。
痛くてどうしようもない期間というのは、2~3日で終わります。
完治するまでは、10日目以降が大半です。
考え方としては、最初の1週間は楽になるためのケアを行い、その後は徐々にリハビリのように動いて、通常の状態に戻すようにすると良いでしょう。


【ぎっくり腰になったらどうしたらいいのか】
ぎっくり腰は急に訪れるので、急になってしまうとどうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。
ぎっくり腰になった時のために、ぎっくり腰になったらどのような対処をすればいいのかを把握しておきましょう。

・ぎっくり腰になったら無理して動かない
ぎっくり腰になって動けないようであれば、動けるようになるまでその場にいるようにしましょう。
あせって動く必要性は、ありません。
少しじっとしていると徐々に動けるようになるので、それまで無理して動かないことがベストといえます。
あせって動こうとすると、転ぶなどの2次的被害が起きてしまうこともあります。
大ケガに繋がってしまうこともありますので、あせって動かないようにしましょう。

・専門医に診てもらう
ぎっくり腰は少し時間が経つと動けるので、甘くとらえてそのまま辛抱してしまう人も少なくありません。
しかし、万が一ぎっくり腰ではなく重篤なケガや病気の場合もあるので、早急に専門医に診てもらいましょう。
レントゲンなどで検査してもらうことで、正確な状態を把握することができます。
痛みがひどい時は痛み止めを打ってもらうと、痛みが和らぎますよ。

・ハリや電気治療を受ける
ぎっくり腰に効果的といわれているのが、ハリや電気治療です。
高い炎症緩和効果があるので、ぎっくり腰の症状が楽になっていきます。
整骨院であれば近くにある場合も多いので、気軽に治療を受けることができますよ。

いかがでしたでしょうか。
いきなりのぎっくり腰、びっくりしてどうしたらいいのかわからなくなってしまいますよね。
これらのポイントを把握して、適切な対応を取るようにしましょう。

 

倉敷市 急性腰痛症なら、「絶好調整骨院 倉敷腰痛センター」にお任せください。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved