倉敷市 40肩50肩

【40肩50肩の原因と症状】 何となく肩の調子が良くないなと思ったら、40肩50肩の可能性があります。 40肩50肩は自然に治すことができる症状ではありますが、放置していると何年にもわたり症状が続いてしまうこともあります。 40肩50肩を早く改善するためには、肩の症状に合った治療やケアを行うことが大事となります。

40肩50肩というのは、関節包に炎症ができる症状です。 肩の痛みがだんだんひどくなり、肩が上がりにくくなってしまいます。 ケガや構造上の異常がないのに、肩が病んで肩関節を動かせる範囲が狭くなってしまった状態です。

40肩50肩の原因というのは、いまだ不明です。 女性の場合は、怒りっぽさにより40肩50肩にみちびいてしまうこともあるようです。 ヒステリーとなってしまうことではなく、怒りを抑え込んで表に出さない女性特有の不満の塊が、痛みとして肩に表現される場合があるようです。 また、更年期で不調になっている女性にも、40肩50肩が発生してしまう場合もあるようです。

40肩50肩は、他の病気と区別がつきにくいこともあり、痛みがおかしいなと思ったらすぐに整形外科にかかって相談することが1番といえます。

このような症状が出たら、40肩50肩の可能性が考えられます。

・肩の痛みがどんどん増してきた ・肩が痛く腕が上がらなくなった ・後ろの物を取ろうとすると肩が痛く取りにくい ・高い所の物を取ろうとすると肩が痛く取りにくい ・肩を大きく動かした時に痛みを感じる ・じっとしていても肩が痛い ・肩が痛くて眠れない ・背中でブラジャーを留めることができない ・ベルトを締めることができない ・シャツをズボンに入れることがむずかしい ・お尻を拭くのがむずかしくなった

このような状態が1つでも起きている場合は、40肩50肩を疑うようにしましょう。

【30代でも40肩50肩のような症状が出る場合】 40肩50肩というのは、文字通り40代や50代に多い症状です。 しかし、近年は30代でも40肩50肩の症状になってしまう場合があります。 30代で40肩50肩のような症状が出る場合は、40肩50肩ではなく弛緩肩の可能性があります。

弛緩肩は、肩関節が緩んでしまったことで起きる症状です。 もともと肩の関節が緩かったりやわらかい人は、肩を動かした表紙に肩関節が前後にずれて肩が抜けたような感じになって痛むことがあります。 それが、40肩50肩の症状に似ているということで、40肩50肩ではないかと勘違いしてしまう場合があります。

弛緩肩の場合は、腕を横に広げてヒジを90度に曲げ、その状態で上下に腕を動かして肩甲骨をうごかすことで、改善が可能です。 近年特に多くなってきていますので、30代で40肩50肩のような状態になったら、まずは弛緩肩を疑うようにしましょう。 もちろん自己判断で解決しようとせず、整形外科に行き診てもらうようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。 40肩50肩は、自然と改善します。 しかし、改善までは何年もかかってしまいます。 その間、辛い痛みに耐えるのは簡単なことではないですよね。 まずは病院で診察を受けて、40肩50肩を解決するようにしましょう。

倉敷市 40肩50肩なら、「絶好調整骨院 倉敷腰痛センター」にお任せください。


特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved