岡山市を中心に倉敷市、広島市、大阪市で自賠責保険を利用して交通事故のむち打ちなどの治療を受けることが出来ます

ついてるケアグループ

​交通事故治療

ご予約、お問い合わせは各院に直接ご連絡ください

  • Facebook Social Icon

症状別メニュー

グループ院 一覧

岡山市

中区

倉敷市

広島市

安佐北区

大阪市

都島区

交通事故によるむちうちで

こんなお悩みはありませんか?

交通事故の後、首や頭が重たく感じる

雨の日や寒い日に痛みや違和感を感じる

事故前には無かった頭痛やめまいが頻発する

病院では湿布や痛み止めしか治療方法がない

レントゲンでは異常なしと診断された

外傷がないので誰にもこの痛みを理解してもらえない

このようなお悩みにひとつでもあてはまる方は

​ついてるケアの整骨院にご相談ください!

 交通事故によるお怪我の治療は、「適切な治療を、適切なタイミングで、できるだけ早期から始めること」が重要だと私たちは考えております。あなたの症状の改善に効果のある治療をしてくれて、あなたのお身体にとって必要な頻度で通える整骨院を選ぶことが必要です

 整形外科や病院だけでなく、整骨院でも交通事故の治療を受けられることをご存じでない方はまだまだたくさんいらっしゃいます。

 岡山市を中心に倉敷市、広島市、大阪市で交通事故治療を受けることが出来るついてるケアグループは、患者さまが一日でも早く痛みやしびれ、体の不調から解放され、交通事故に遭う前の生活を取り戻すことを一番に考え、日々治療にあたっています。

ついてるケアからのお約束

交通事故によって生じる「むちうち」には、首まわりの痛みだけではなく、頭痛やめまい、手のしびれ、吐き気などの症状もこれに含まれます。また、むちうちは、筋肉や靭帯が傷ついたために起こる症状なので、レントゲンやMRIには写らないことが大きな特徴です。

レントゲン検査では骨に異常がないために「異常なし」と診断されたのに起こる、筋肉や靭帯の痛み。

これが「むちうち」で、患者さま自身にしか分かりません

当院では、現在の症状や事故の状況を問診で詳しくお聞きし、痛みのでる部位や痛みの程度、関節の可動域などを検査で徹底的に洗い出し、その症状の根本原因を特定します。

病院だけでは症状の改善が見られない方

ついてるケア特徴

1

丁寧な問診・検査でゴールが見える治療

 事故の衝撃は思っている以上に大きいものです。鉄のかたまり同士がぶつかっているのですから…。それでも病院では、レントゲンだけみて「骨には異常がありません」と、電気を当てて、湿布を大量にもらって帰らされたというお話を多く聞きます。

当院では、問診・検査に重きを置いています。患者さまのお身体の状態をしっかりと把握し、事故にあってしまった気持ちもくみ取り、検査結果に基づいた治療計画をご提示します。

2

豊富な治療実績と最新の治療機器

 ついてるケアの整骨院には、グループ全体で年間のべ7,000人以上の交通事故患者さまが通院されています。治療経験豊富な施術者が各院に揃っていますので、ご安心ください。

 また、炎症や痛みを抑える微弱電流や超音波治療器、光線治療器など、最新の治療機器を揃えていますので、さまざまな症状に合わせた最適な治療を受けていただくことが可能です。

3

ライフスタイルに合わせて選べる

 ついてるケアでは岡山県内に5店舗、広島・大阪に1店舗ずつ運営しています。全ての整骨院が同じ理念のもと治療にあたっていますのでご安心ください。理念は同じでも営業形態は異なります。1人治療院もあれば複数人で治療を行い、土・日・祝日も治療を受けられる整骨院もあるので、「同じ先生に最後まで診てもらいたい」「平日は仕事で通えないので週末に通院したい」「他の患者さんの目を気にせず、子連れで通院したい」など、ついてるケアにはあなたの悩みを解決できる整骨院があるはずです。

4

全店舗 予約制で待ち時間はありません!

 ついてるケアの整骨院は全店舗で完全予約制または予約優先制を導入しているため、ムダな待ち時間を最小限に抑えることが出来ます。

 いつ治療が終わるか分からなければ、予定も立てにくいですよね?仕事の合間や子どもが帰って来る前になど、忙しい皆さまの貴重なお時間を、待ち時間に費やすことはありません。

 なので、事前にご予約をお願い致します。

5

治療に専念できる環境を整えます!

 ついてるケアの整骨院はさまざまな生活スタイルの患者さまが通いやすい環境を整えてお待ちしています

 また、交通事故に遭ってしまうと、治療費や車の修理費用、お仕事を休まなくてはいけなくなれば休業補償、慰謝料とお身体の治療以外にもやらなければいけないことはたくさんです。ましてやプロの保険屋さんを相手に素人である患者さまが全て行うのはお身体だけでなく、精神的にも相当なご負担になります。

 ついてるケアでは、交通事故に強い弁護士の先生をご紹介することも可能なので、患者さまはご自身のお身体の治療に専念することが出来ます。

あなたが一番通いやすい整骨院で早期改善を!

いま、通院中の病院や整骨院からの転院をお考えの方へ

 病院や整形外科では検査や手術、投薬、電気治療などが治療の中心になります。MRIやレントゲンなど、医療機関の精密検査で異常なしと診断されたのに、痛みや症状がある方は骨格や筋肉、関節に原因があるからかもしれません。ついてるケアの整骨院では骨格や筋肉、関節の異常がないかを診ることができます。病院で「異常なし」と診断されたのに症状がある方は、すぐに整骨院を受診されることを推奨します。

 しかし、交通事故に遭った直後は、病院で受診して診断書をもらう必要があります。その際、少しでも痛みやしびれ、違和感などの症状がある部位は、万が一のためレントゲンを撮ってもらうよう医師に相談してください。事故の数日後から強い痛みに変わることも多くあります。患者さま自身が痛いところを伝えないと診断を受けられないこともあります。

 交通事故にあってから時間が経って違う部位に痛みが出た場合も、必ず医療機関で診断を受け診断書をもらうようにしましょう。

 事故直後でも、重大な外傷や炎症が出ていなければ、整骨院での治療を受けていただくことはできます。交通事故に限らず、お怪我の治療は最初の処置が重要になります。間違えた初期治療を行っていると、治療期間が長引いたり、再発しやすくなったり、後遺症として残ってしまえば最悪の場合、その痛みと一生付き合っていかなければなりません。

 病院には病院の強みや得意分野があるように、整骨院には整骨院の強み・得意分野があります。病院では出来ない治療を受けることで好転してきた患者さまも多くみてきました。

 今、通われている病院や整骨院での治療で「ほんとに良くなるのかな?」と、お思いの方がおられましたら、ついてるケアの整骨院にご相談ください。

転院や病院との併用をお考えの方はまず相談!

交通事故の発生

 もし、交通事故に巻き込まれてしまったら、まずは警察に連絡をしましょう。自賠責保険、任意保険のどちらにも必要な「事故証明」を受け取れます。他にも以下の情報を控えておけば、その後の流れがスムーズになります。

・相手方の氏名、住所、連絡先

・車の登録ナンバー

・任意保険の有無

・自賠責証明書番号や保険会社名など

上記は、あくまで手続き上のことです。一番大事なのはご自身のお身体なので、信頼のおける医療機関でCTやMRIなどの精密検査を受けてください。

​病院への受診

 交通事故に遭って怪我をしてしまったら、まずは整形外科などの病院で受診して、医師に診断書を書いてもらう必要があります。むちうちなどの場合は、事故後数日が経過してから症状が出ることもあります。事故直後は特に自覚症状が出ていなくても、病院で受診することが大切です。

 事故直後に症状がなく、すぐに病院に行かなかず、事故から数日経って痛みが出て、病院を受診したとしても、保険会社から「事故とは無関係の治療である」と言われて治療費を出してもらえなくなることがあります。痛みが少なくても、まずは病院での診察を受けるようにしましょう。

​ また、当院の治療も病院での診断部位をもとに治療を行っていきます。

整骨院での治療

 病院だけではなく整骨院への転院や併用を希望される場合、整骨院などへの治療費支払いについては、相手方保険会社に連絡をして支払いの対応をしてもらうことになります。相手方の保険会社から病院や整骨院に対し、治療費を直接支払ってもらうので、ご自身では治療費の負担をしなくて良いことが多いです(一括対応)。この通院期間によって、後から受け取ることが出来る慰謝料の金額も変わってきます。

 ​必ず相手方の保険会社に通院を希望する整骨院名と連絡先をお伝えください。お電話で結構です。

整骨院への通院

 患者さまから保険会社へ通院希望の連絡後、当院に保険会社から治療の依頼の連絡が入りますので、患者さまの窓口でのお支払いは発生せずに通院頂けます。ついてるケアの整骨院では全店舗で完全予約制または予約優先制を導入していますので、事前にご予約をお取りください。

​ 事故の状況、お怪我の経過、関節の可動域などの検査を十分に行ってからの治療になります。初診の際は1時間ほどお時間を頂ますので、ご了承ください。

症状固定まで通院

 病院や整骨院での治療をいつまで続けられるのかという質問をよくお受けします。交通事故の治療は「症状固定」時まで継続します。

 症状固定とは、治療を継続して怪我が治癒(完治した状態)した場合や、治癒していなくとも、どのような治療を施しても、もうこれ以上症状が改善する見込みがないという時点のことです。症状固定したかどうかの判断は、病院の担当の先生が判断します。

 慰謝料の計算の根拠となる通院日数・期間は症状固定時までとなりますし、後遺障害判断の基準となる症状も、症状固定時の医師の判断や診断書の内容になりますので、症状固定と診断されるまで、治療を受けるようにしましょう。ご自身の判断で治療を終了することは望ましくありません。

事故前のお身体に早く戻りたい方!

岡山市を中心に倉敷市、広島市、大阪市で自賠責保険を利用して交通事故のむち打ちなどの治療を受けることが出来ます

ついてるケアグループ

​交通事故治療

ご予約、お問い合わせは各院に直接ご連絡ください

  • Facebook Social Icon
Copyright© ついてるケア 2017 All Rights Reserved